女の価値は風俗でわかる

方向転換はしますよね

風俗を何度も楽しんでいると、途中で方向転換するようなケースは何度もありますよ。例えばですけど、会社を出る時には久しぶりに風俗でもって思ってヘルスにとか思っていても、大雨が降ってきたのでデリヘルにしたり(笑)逆にデリヘルにしようかなって思っていたものの、天気も良いし空気が清々しいのでお店まで散歩がてら行ったり。そういった臨機応変に楽しめるところも風俗の魅力だと思いますしね。それに、予約をしたならともかく予約をしていない段階では、そこから何をどうするのかとかすべて自分次第じゃないですか。それこそ「やっぱり今日は家に帰る」もありですし帰宅しようと思っていたものの、途中で何となくムラムラしてきたので、結局近くにあるホテルに駆け込んでデリヘルのお世話になることもありますね。だから風俗っていろんな選択肢があって、自由に遊べるジャンルなんだなってことをいつも思いますし、だからこそ気まぐれな自分にぴったりなんです(笑)

足りていると思っていたんですが

欲求不満とは無縁だって思っていたんですよ。自分でもそれなりに抜いていますし、一応セフレもいるし。だから欲求不満になる訳がないって思っていたんですけど、どうやらこれは欲求不満なんじゃないかなって。それで風俗に行ってきたんですけど、まさにその通りでした。自分で抜くのはともかく、セフレもいるのに何でだろうって思っていましたけど、どうやら自分はフェラをされたかったんだなって。自覚したんです。確かにセフレはフェラがあまり好きではないのでしてくれないんですよ。自分もそこまでこだわりはないって思っていたんですけど、深層心理ではどうやらフェラをされたがっているってことなのかもしれないですね。それで結局、風俗に行ってお口で抜いてもらっているんですけど、抜いてもらうと本当に全然違う気持ちになれるんですよね。欲求不満とは無縁になるというか、舐めてもらうだけなのにこちらの気持ちがここまで変わるんだなって思いますね(笑)